使い方

:安全で快適な使い方をマスターしよう

トップページ使い方>スリングでの抱き方

スリングでの抱き方

基本をしっかりと確認したら、あなたと赤ちゃんお互いが心地よく感じられる抱き方をここから見つけてみましょう。

始めにお断りをしておきますが、全ての抱き方をマスターする必要はありません
何故ならば、赤ちゃんによっては縦に抱かれるのがキライな子、横に抱かれるのがキライな子、身体の硬い子、様々なタイプの子がいます。
例えば赤ちゃんにとって心地よくないと感じられる抱き方を、繰り返し無理にしようとすることで、赤ちゃんがスリングで抱かれること自体を嫌がるようになってしまうことも。

「うちの子、どうしてもこの抱き方をさせてくれないんです…」
「私は腰が弱くてバリエーションを楽しめない」
「この抱き方を覚えたいけれど、うまくできなくて…」

そんなことで、落ち込むことはありません。月齢に合わせたレパートリーが一つでもあれば充分です。

また、ここでご紹介しているのはあくまでも基本であり、スリングを使った抱っこの手順も色々ある中の一つです。必ずここに記載された手順でなければいけない…ということはありません。自由に試してみましょう。
必ず楽に抱っこするためのポイントを守った上で、色々工夫して自分たちなりの応用バリエーションを広げてみてください(※但し、既製品の場合は使用説明書の注意書きに従いましょう)。

このページのトップへ

スリングでの抱き方 メニュー

横抱き
横抱き
バナナ抱き
バナナ抱き
寄り添い抱き
寄り添い抱き
腰抱き
腰抱き
カンガルー抱き
カンガルー抱き
ピーナッツ抱き
ピーナッツ抱き
おんぶ
おんぶ