使い方

:安全で快適な使い方をマスターしよう

トップページ使い方スリングでの抱き方>おんぶ

スリングでの抱き方

おんぶ

[対象月齢]腰が据わる頃

おんぶお馴染みのおんぶ紐より安定感は劣りますが、おんぶをすることもできます。
外出時や家事の際、覚えておくと便利です。

おんぶの手順
腰抱きの状態から、腕を赤ちゃんの頭を通って前に回す
やや前かがみの状態で、少し弾みをつけながらスリングごと赤ちゃんを背面に回す
  1. 腰抱きの手順に従い、赤ちゃんを腰に抱きます。リングありスリングならば、少しきつめに調節しておきます。
  2. 同じく腰抱きの要領で、肩部分と赤ちゃんのオシリに手を添え、前かがみになりながら弾みをつけて、スリングごと赤ちゃんを背面にまわします。
  3. 赤ちゃんの両足が、腰をまたいでいること・ポーチが肩甲骨〜ひざ裏をしっかり覆っていること・オシリに重心が掛かっていることを確認してから、前かがみの姿勢を起こします。

ポイント

  • 腰が据わる前は、安定感に欠けてしまいますし、背面に注意を配るのは難しいので避けた方が無難です。
  • ここで紹介したやり方ですと、テールがおなかの辺りから足元にぶら下がります。ポーチの中に収めるなどして邪魔にならないようにしましょう。
  • 赤ちゃんの両手は、出しても収めても構いませんが、慣れないうちは収めていた方が無難です。また、片足(図では左側)をポーチに収めると安定します。
  • 肩パッド〜リングを背面に持ってくるリング〜テールを定位置に持ってきたい場合(肩パッドに綿が使用されているリングありスリングなど)は、上記のやり方だと前面がモコモコになりますので、赤ちゃんを背面に回したときにリングが前に来るよう、予めリングが背面に来るよう装着してから赤ちゃんを抱きいれます。
  • 赤ちゃんが一人で立てるようになっているのなら、スリングを普通に装着し、背面に赤ちゃんを下からポーチに潜らせる方法もあります。

※是非、上半身の映る鏡を使って、赤ちゃんの位置や姿勢を確認しながら練習してみてください。また、慣れないうちは無理せず、お布団や長座布団の上などで座った状態からチャレンジしましょう。

このページのトップへ

スリングでの抱き方 メニュー

横抱き
横抱き
バナナ抱き
バナナ抱き
寄り添い抱き
寄り添い抱き
腰抱き
腰抱き
カンガルー抱き
カンガルー抱き
ピーナッツ抱き
ピーナッツ抱き
おんぶ
おんぶ