使い方

:安全で快適な使い方をマスターしよう

トップページ使い方スリングでの抱き方>ピーナッツ抱き

スリングでの抱き方

ピーナッツ抱き

[対象月齢]首が据わる頃〜

ピーナッツ抱き赤ちゃんの両足が、ポーチをまたぐような抱き方です。
頭をすっかりポーチに収めた姿は、その名のとおりピーナッツのようです。

ピーナッツ抱きの手順
リングありスリングは、背中側にリングがくるように装着するとある程度大きくなってからも頭が覆えます
赤ちゃんを肩に抱き上げ、ポーチを広げながら片足を掴む
前かがみになりながら、両足を広げる
  1. スリングを装着します。リングありスリングならば、テールが背面に来るよう後ろ前に装着すると(後々調節はできませんので、予めポーチの大きさを作っておきましょう)大きめのお子さんでも頭まで覆うことができます。
  2. 赤ちゃんを、げっぷ出しの要領で肩パッドと反対側の肩に抱き上げ、反対側の腕で片足をつかみます。
  3. やや前かがみの姿勢になりながら、ポーチをまたぐようにそっと赤ちゃんのオシリを置いたら、両足は寄り添い抱きのようにM字になるよう広げます。

ポイント

  • 頭は出してあげても構いませんが、肩パッド側にくる(赤ちゃんの)腕は、ポーチに収まるようにしてあげた方が安定します。
  • リングありスリングで、テールが前に来るよう使用する場合は、調節時に赤ちゃんの髪の毛をリングに巻き込まないよう気をつけましょう
  • 赤ちゃんのオシリに重心がくるようにするのがベストですが、横抱きを嫌がる1ヶ月位の赤ちゃんに使用する場合は、無理にその姿勢を作らなくても大丈夫です。その際は股関節が開いているか、だけはチェックしましょう。

※是非、上半身の映る鏡を使って、赤ちゃんの位置や姿勢を確認しながら練習してみてください。また、慣れないうちは無理せず、お布団や長座布団の上などで座った状態からチャレンジしましょう。

このページのトップへ

スリングでの抱き方 メニュー

横抱き
横抱き
バナナ抱き
バナナ抱き
寄り添い抱き
寄り添い抱き
腰抱き
腰抱き
カンガルー抱き
カンガルー抱き
ピーナッツ抱き
ピーナッツ抱き
おんぶ
おんぶ