使い方

:安全で快適な使い方をマスターしよう

トップページ使い方スリングでの抱き方>腰抱き

スリングでの抱き方

腰抱き

[対象月齢]首が据わる頃〜

腰抱き寄り添い抱きができるようになると、ちょっと手を加えるだけで腰抱きに。
外出時や家事の最中に役立ちます。

*他のサイトで使われている名称
ヒップ抱き,腰いす抱き など
腰抱きの手順
スリングごと、赤ちゃんを少しだけ弾みをつけて脇側に回す
  1. まずは、寄り添い抱きをします
  2. 肩パッド側の手を肩パッドに、反対側の手を赤ちゃんのオシリに添えます
  3. 少しだけ弾みをつけて、「ヨイショ」と肩パッドを手前側に持ってくるようにスリングをずらします

ポイント

  • 腰骨を椅子にするような感じになります(そのため、腰椅子抱きとも呼ばれます)。
  • 赤ちゃんの頭の上を通って腕を前に持ってくると、食器洗いや外出先での書き物等に便利です。
  • 抱く人の片側の骨盤に負担がかかるので、長時間同じ姿勢にならないよう、まめに抱き方を替えましょう。
  • 上記の方法以外に、寄り添い抱きの要領で、赤ちゃんを抱き入れる際に予め腰にまたがせる方法もあります。

※是非、上半身の映る鏡を使って、赤ちゃんの位置や姿勢を確認しながら練習してみてください。また、慣れないうちは無理せず、お布団や長座布団の上などで座った状態からチャレンジしましょう。

このページのトップへ

スリングでの抱き方 メニュー

横抱き
横抱き
バナナ抱き
バナナ抱き
寄り添い抱き
寄り添い抱き
腰抱き
腰抱き
カンガルー抱き
カンガルー抱き
ピーナッツ抱き
ピーナッツ抱き
おんぶ
おんぶ