使い方

:安全で快適な使い方をマスターしよう

トップページ使い方スリングでの抱き方>寄り添い抱き

スリングでの抱き方

寄り添い抱き

[対象月齢]首が据わる頃〜

寄り添い抱きスリングの形状を問わず、最もよく使われる抱き方です。
これ一つをマスターするだけで、スリングライフは快適になることでしょう。

*他のサイトで使われている名称
たて抱っこ,対面抱っこ,基本抱き など
寄り添い抱きの手順
赤ちゃんを抱き上げ、反対側の腕でポーチを内側から広げ、赤ちゃんの足をつかまえる
背中を覆いながら前かがみの姿勢に
  1. スリングを装着したら、ポーチの底がオヘソ付近にくるよう、形を整えます。
  2. スリングを肩に掛けていない側の肩に、げっぷ出しの要領で赤ちゃんを抱き、反対側の腕でポーチを内側から広げ、赤ちゃんの足をつかまえます。
    赤ちゃんを抱いた手で布をつかんで引き上げ、背中を覆いながらやや前かがみの姿勢に。おしりをポーチに着陸させるように、赤ちゃんをポーチに入れます。
  3. 赤ちゃんの両足を、お腹にまたがせるように広げながら、スリングを肩に掛けている側の腕を抜いたら、ポーチの上から赤ちゃんを支え、形を整えます。
    リングありスリングなら、スリングを掛けた側の手でテールを引き、適度に密着するまで調節をします。

寄り添い抱きに限りませんが、月齢によって足の収まり方は変わってきます。
1歳を過ぎたお子さんの寄り添い抱きの様子首すわり後の寄り添い抱きの様子首すわり前の寄り添い抱きの様子

ポイント

  • 正面から見た様子。抱く人のお腹をまたぐように赤ちゃんの足はしっかり広がり、オシリに重心が掛かっている赤ちゃんの両足は、オシリより高い位置に・オシリに重心が掛かるようにします。
    但し、おしりが沈みすぎると、ひざ裏に痛々しい痕が付いたりうっ血してしまいます。リングありスリングなら、テールの真ん中辺りを引いて少し持ち上げてあげてください。
  • 赤ちゃんの上半身と、抱く人の胸とに距離があると、抱く人側の腰などに負担が掛かります。ポーチに寄りかかるように、ではなく適度な密着を心がけましょう。
  • 新生児の寄り添い抱き股関節脱臼と診断された赤ちゃんや、横抱きバナナ抱きの際の股関節に不安を感じる場合は、0〜3ヶ月の赤ちゃんにも試してみてください。
    その際、まだ首が据わっていませんので、上半身をやや倒すような姿勢が安定するようです(ベビースリング協会では「基本抱き」として紹介されています)
    不安な場合は、抱くように頭を腕で支えてあげましょう
  • 首据わり期(3ヶ月以降)〜身長80cm未満程度の場合、肩パッドの反対側にくる足を脇に挟むようにポーチの中に入れると安定します(リングなしタイプだと両足を入れて安定させることもできます)。
    ※ページ上部抱き方手順・「足の収まり方」の真ん中の図を参照のこと
  • 腕をポーチに入れると、頭まですっぽり覆うことができ、授乳時に便利です。

※是非、上半身の映る鏡を使って、赤ちゃんの位置や姿勢を確認しながら練習してみてください。また、慣れないうちは無理せず、お布団や長座布団の上などで座った状態からチャレンジしましょう。

このページのトップへ

スリングでの抱き方 メニュー

横抱き
横抱き
バナナ抱き
バナナ抱き
寄り添い抱き
寄り添い抱き
腰抱き
腰抱き
カンガルー抱き
カンガルー抱き
ピーナッツ抱き
ピーナッツ抱き
おんぶ
おんぶ