使い方

:安全で快適な使い方をマスターしよう

トップページ使い方スリングでの抱き方>バナナ抱き

スリングでの抱き方

バナナ抱き

[対象月齢]新生児〜

バナナ抱き主にリングなしスリングでの基本形で、赤ちゃんの頭が肩パッド側にきます。
リングありスリングでは、横抱きの方が行いやすいようです。

*他のサイトで使われている名称
ゆりかご抱き,半縦抱き,たて抱っこ など
バナナ抱きの手順
げっぷ出しの要領で赤ちゃんを抱き、反対の腕でポーチを内側から広げる
寄りかからせるように赤ちゃんをポーチに入れる
  1. スリングを装着したら、リングありスリングなら手前側のレールがアンダーバストラインになるよう引きしめ、リングなしスリングならハンモック状になるよう、形を整えます。
  2. スリングを肩に掛けていない側の肩に、げっぷ出しの要領で赤ちゃんを抱き、反対側の腕でポーチを内側から広げ、赤ちゃんのオシリをキャッチします。
    やや前かがみの姿勢で、おしりをポーチに着陸させ、寄りかからせるように、赤ちゃんをポーチに入れます。
  3. ポーチの上から赤ちゃんを支え、手前側のレールを引き上げ形を整えます。
    リングありスリングなら、スリングを掛けた側の手でテールを引き調節をします。

ポイント

  • 赤ちゃんは、レールに対して大体平行に入ります。
    入れ方や赤ちゃんの好みによっては、向きや手足の位置は違ってきますが、苦しがって泣くようでなければ大丈夫です。
    但し、股関節がしっかり開いているか確認を必ずしましょう。
  • 股関節脱臼と診断された場合、或いは0〜3ヶ月でバナナ抱きに不安がある場合は、寄り添い抱きピーナッツ抱きを試してみましょう。
  • リングありスリングの場合は、赤ちゃんの髪の毛をリングに巻き込まないよう注意しましょう。
  • 頭はポーチに入れても出しても構いません。赤ちゃんの好みに合わせましょう。
    リングなしスリングで埋もれる場合は、首の後ろにハンドタオルを畳んで枕のようにして置くと安定します。
  • ポーチ内に足が収まらないくらい大きくなったお子さんは、足を出しても良いと思いますが、それよりは横抱き寄り添い抱きをお勧めします。

※是非、上半身の映る鏡を使って、赤ちゃんの位置や姿勢を確認しながら練習してみてください。また、慣れないうちは無理せず、お布団や長座布団の上などで座った状態からチャレンジしましょう。

このページのトップへ

スリングでの抱き方 メニュー

横抱き
横抱き
バナナ抱き
バナナ抱き
寄り添い抱き
寄り添い抱き
腰抱き
腰抱き
カンガルー抱き
カンガルー抱き
ピーナッツ抱き
ピーナッツ抱き
おんぶ
おんぶ