使い方

:安全で快適な使い方をマスターしよう

トップページ使い方スリングでの抱き方>横抱き

スリングでの抱き方

横抱き

[対象月齢]新生児〜

横抱き主に、リングありスリングでの基本形で、肩パッドの反対側に赤ちゃんの頭が位置します。特にチューブタイプでは、バナナ抱きの方が行いやすいようです。

*他のサイトで使われている名称
水平抱っこ,ゆりかご抱っこ など
横抱きの手順
赤ちゃんを抱き上げ、反対の手でポーチを内側から広げる
頭側のレールを引き上げ覆う
ポーチごとよじるように横の姿勢に
  1. スリングを装着します。
    リングありスリングの場合、ここでポーチの底が自分のおへそ付近にくるよう微調整し、リングなしスリングならポーチを広げておきます。
  2. スリングを肩に掛けていない側の腕で、赤ちゃんを抱き上げ反対側の腕でポーチを内側から広げます。
    やや前かがみの姿勢で、ポーチを広げている側の手で赤ちゃんの首付近をキャッチし、抱く腕を変えます。
  3. 引き続き前かがみの姿勢で、スリングを肩に掛けていない側の腕を引き抜きながら、赤ちゃんの頭側のレールを引き上げ、覆います。
    その腕でポーチ越しに赤ちゃんを支えながら、ポーチごとよじるように横抱きの姿勢にし、今度は赤ちゃんの足側の腕を引き抜き、手前側のレール(赤ちゃんの足付近)を引き上げて整えます。
  4. 素手で抱いた姿勢をキープできている状態リングありスリングなら、ここで更にテールで微調整をして適度に密着させます。
    ポーチの上から赤ちゃんを抱き、肩パッド側の手でテールを引き、図のような姿勢を作り上げます。

ポイント

  • ポーチ調整時は、赤ちゃんの姿勢・位置(高さ)が「素手で自然に抱いたときの状態」にキープさせることを意識しましょう
  • 赤ちゃんは、レールに対して大体垂直に入ります。
    また、入れ方によっては赤ちゃんの向きや手足の位置は毎回変わりますが、苦しがっていなければ大丈夫です。
    但し、4ヶ月未満の赤ちゃんの場合は、股関節が開いた(あぐらをかいたような)状態かどうかは確認しましょう。
  • 足側(手前側)のレールは締め付けすぎないようにしましょう。
  • 股関節脱臼と診断された場合・或いは0か月〜3ヶ月で横抱きに不安がある場合は、寄り添い抱きピーナッツ抱きを試してみましょう。
  • 頭は、ポーチですっかり被っても出しても構いません。赤ちゃんの好みに合わせましょう(よく、頭を被われるのが嫌いな子がいます)。
    埋もれないよう、レールに乗せる感じが丁度よいと思います。
  • 大きくなったお子さんを横抱きにする場合は、寄り添い抱きから切り替えて足を出してあげる手順がやりやすいです。

※是非、上半身の映る鏡を使って、赤ちゃんの位置や姿勢を確認しながら練習してみてください。また、慣れないうちは無理せず、お布団や長座布団の上などで座った状態からチャレンジしましょう。

このページのトップへ

スリングでの抱き方 メニュー

横抱き
横抱き
バナナ抱き
バナナ抱き
寄り添い抱き
寄り添い抱き
腰抱き
腰抱き
カンガルー抱き
カンガルー抱き
ピーナッツ抱き
ピーナッツ抱き
おんぶ
おんぶ