使い方

:安全で快適な使い方をマスターしよう

トップページ使い方スリングの便利な使い方>2本使い

スリングの便利な使い方

2本使い

[対象月齢]赤ちゃんが重くなってきたら

赤ちゃんがぽっちゃり大きめさんだと、ズッシリ肩に負担を感じてしまうことも。
2本使うことで、赤ちゃんの体重を両肩に分散することができ、楽になります。
どの抱き方でも応用可能です。

2本使いの例
1本目のスリングで普通に抱き、上からサポートのスリングを装着
サポートに使用するスリングも、基本通り肩甲骨〜ひざ裏を覆う。
  1. まずは、1本で普通にお好みの抱っこをします(ここでは寄り添い抱きの補助の様子)。
    図では、2本ともフレアテールタイプですが、リングなしスリングでも、リングありスリング・リングなしスリングの組み合わせでも可能です。
  2. 反対側の肩にスリングをかけ、赤ちゃんのオシリを覆って支えます。
  3. サポートする側のスリングも、キチンと基本通り肩甲骨〜ひざ裏を覆い、形を整えます。リングありスリングなら、テールを引いて調節します。

おんぶのときも、このような両肩を使う方法で構いませんが、2本目のスリングを(レールに綿のないリングありスリングに限りますが)ウエストに巻くような形で補助にするだけでも手軽に安定感を得られます。
胸の前でバッテン…というのが抵抗ある場合やお急ぎの場合など、便利です。

ポイント

  • どんなスリングのタイプ(例えば別メーカー品同士)を組み合わせても可能ですが、サポート(あとから装着する方)は、リングの有無に関わらず、綿なし(若しくは薄手)タイプが良いかもしれません。
  • おそろいの生地で2本使いをすれば、外観も損なわないでしょう。
  • 1歳を過ぎたお子さんの場合、歩けるようにもなると抱いたり降ろしたり…という作業の繰り返しで2本使うことが逆に不便に感じることもあります。
    そのような場合は、スリングの形状(肩パッドの幅やパッドのクッション等)を今一度見直し、1本のスリングで対応しつつ、寝てしまったときなどどうしても抱いている時間が長くなりそうなときだけサポートに2本目を用いる…など各自工夫してみてください。
    また、スリングだけにこだわらず、他の抱っこ紐やベビーカーと合わせて上手く利用するのも一つの方法です。

このページのトップへ

スリングの便利な使い方 メニュー

抱き方のチェンジ
抱き方のチェンジ
スリングでの授乳
スリングでの授乳
2本使い
2本使い
2人同時に抱っこ
2人同時に抱っこ
簡易肌掛け
簡易肌掛け
ベルト
ベルト
その他便利な使い方
その他便利な使い方