使い方

:安全で快適な使い方をマスターしよう

トップページ使い方スリングの便利な使い方>スリングでの授乳

スリングの便利な使い方

スリングでの授乳

[対象月齢]新生児期

スリングの大きな魅力の一つとして「人目に付かずに堂々と母乳を与えることができる」が挙げられると思います。
外出先に授乳室が無くても、落胆することはありません。
実際、買い物をしながら・街中を歩きながら飲ませることだって可能なのです。

スリングでの授乳の様子
横抱きでの授乳の様子
寄り添い抱き(或いはピーナッツ抱き)での授乳の様子

カンガルー抱きおんぶ以外なら、どの抱き方でも授乳することが可能です。
ポーチで頭を半分以上覆っていれば、自分や身内が心配するほど他人には気付かれないものです。
リングありスリングの場合は、少しだけポーチをゆるめて赤ちゃんの顔の高さを胸に合わせてから授乳します。授乳後は再び調節をして密着してください。

ただ、図を見ていただくと分かるように、服装によってはお母さんのお腹や背中が丸見えになってしまいますので、出先や人前での授乳時は、事前にどれぐらい見えるか確認しておく必要はあります。

上着を羽織って目隠しをする方法
中に授乳用の下着を着る方法

肩パッドやレールに綿を使用していないタイプなら、上に一枚カーディガンやジャケットなどを羽織ると解決します。

また、見えても差し支えのない色合いの肌着(Tシャツなど)を、胸の部分だけ切るなどして改造した「授乳用下着」を中に着るのも手です。これは、夜間の添え乳授乳などにも役立ちます。
※改造がためらわれる方(笑)、授乳用下着は市販もされています♪あると便利です!

お勧めグッズ

綿入りのスリングや、重ね着するのが辛い夏場などに、スリング授乳で大活躍するのが授乳服です。
もともと、人前で気にせず授乳ができるよう工夫をされた服なので、スリングを使用していないときでも大活躍なのですが、組み合わせたら怖いもの知らず!

最近では、見た目も写真のように授乳服と分からないオシャレなものもたくさん出ているので、是非お勧めしたいアイテムです♪

このページのトップへ

スリングの便利な使い方 メニュー

抱き方のチェンジ
抱き方のチェンジ
スリングでの授乳
スリングでの授乳
2本使い
2本使い
2人同時に抱っこ
2人同時に抱っこ
簡易肌掛け
簡易肌掛け
ベルト
ベルト
その他便利な使い方
その他便利な使い方