選び方

:スリングを便利に使いこなすには、まず「選び方」から

トップページ選び方>目的別の選び方

目的別の選び方

スリングの種類綿の使用による違いの比較表を見ると、それぞれのタイプのメリット・デメリットは丁度正反対の関係にあることが分かったと思います。
そのため、購入する時点でどの特徴を重視するか…ということが、スリング選びの大切なポイントになります。
よくある例をいくつか挙げてみます。

既に1本持っている…という場合は、そのスリングのメリット・デメリットをよく理解することで、2本目のスリングを同じものにするか、別のタイプを選ぶか…を見極める目安になるでしょう。
ご自分のニーズに合わせてどのタイプを選んだらよいか、各ショップの工夫も合わせて検討してみてください。


とにかく不器用なので、扱い方に自信がない
スリング初心者であることは勿論のこと、器用さに自信のない方は、レールに綿の入ったベルトテールタイプが扱いやすいでしょう。
更に言えば、取扱店のサポートがしっかりしていることが大条件になるかと思います。
大手量販店で販売されている、有名抱っこ紐メーカー製のものは、大概使用法への直接的なサポートは受けられません。また、名称に「スリング」と使われていても、厳密には「背当て」や「固定ベルト」などの付属部品がたくさん付いていて、このサイトで定義しているスリングとは異なった性質のものが殆どです。

このページのトップへ

パパと共有してスリングを使いたい
パパのみならず、体格差のある人同士での共有が前提の場合は、レールに綿のないリングありスリングがオススメです。
共有をする場合、ママがふくよかでパパが細身…だったとしても、男性は肩幅があり「赤ちゃんの入らない部分」の布の使用量が多いため、リングなしスリングや、レール綿入りタイプのものは適合サイズに差が出ることの方が多いです。
その点、レール綿のないリングありスリングはフリーサイズと言ってもよいほどサイズが可変的なので、多少の体格差があっても問題なく共有できます。

このページのトップへ

1歳を過ぎたけれど、スリングデビューをしたい
赤ちゃんの動きが活発になってからスリングにチャレンジをする場合は、綿の使用が控えめでコンパクトなスリングが便利です。
リングはあってもなくても構いません。ポイントは「持ち運びに便利かどうか」にあります。
外出中でもぼちぼち自分で歩きたがる時期ですし、抱っこ⇒アンヨ⇒抱っこ…と、出番があったりなかったりということも増えてくることと思います。
そんなときに、バッグに入れたりたすき掛けに装着したまま歩いたり…ということを考えると、コンパクトに越したことはありません。

このページのトップへ

車での移動がメインなので、手軽なものが欲しい
手軽さで言えば、リングなしスリングが断然ラクチンです。
スリング以外の抱っこ紐やおんぶ紐の難点は、着脱・抱き降ろしに手間が掛かることが大きいと思いますが、その点スリングは先にママが装着⇒赤ちゃんを後から抱き入れる…という手順が基本なので、その便利さを最も発揮するのは車での外出時にあると思います。
ですので、勿論リングありスリングでも便利さに大きな差はありませんが、抱き入れた後の調節が不要な分、チャイルドシートへ寝かせたり抱いたり…という作業が楽になります。
但し、後述しますがリングなしスリングはサイズ選びが肝心です。必ず適合サイズを購入するようにしましょう。

このページのトップへ

選び方 メニュー

ベビースリングとは?
各部位の呼び方
形状と特徴
スリングの種類綿の使用による違い
目的別の選び方
良質なスリングの選び方
手作りスリングについて