ブログ:徒然スリング余録

:スリングについてよくある質問やら私見やら。

トップページコミュニティブログ:徒然スリング余録

リング購入時のワンポイントアドバイス

[私見]2006年4月 4日RSS

こちらも、リンク集「購入時のワンポイントアドバイス」から転載します。
実は、「スリング用にいかがですか?」と謳われているものの中にも、おや?と思うものも最近出回っているようなので…
必ずしも、販売している方がスリングを熟知しているとは限りません。
是非、こちらを読んで参考にしていただければ幸いです。


■リングの場合

1)リングの材質をキチンと確認しましょう。
  スリングは、赤ちゃんの命を支える抱っこ紐です。十分な耐性がないと、
  折れてしまう事故も発生しかねません。
  木製等の天然素材は、たとえ太さが十分あっても、洗濯や日光で痛み、
  危険です。
  また、アクリル製も、使用中に突然折れてしまった事例がいくつか報告
  されています。

2)金属リングにも、チェックが必要です。
  継ぎ目はないものを選びましょう。継ぎ目にこすれて生地が傷んで
  しまうことがあります。
  また、「専用品(スリングに最適・スリング用にいかがですか?等)」と
  謳われている物については、耐久テストの結果がキチンと明記されて
  いるか、よく確認をしましょう。
  ただ単に「○kgまでOK」などと書かれている場合は、その根拠となる
  検査について問い合わせましょう。
  専用品でないものを代替品として購入する場合は、自己責任で
  お選び下さい。

3)プラスチック(ナイロン)リングのチェックポイントは?
  輸入された専用品の場合は、輸入元が明記されているか
  確認しましょう。
  輸入元での検査結果などを日本語訳で転載してあると親切だと
  思います。
  また、プラスチックといっても(ないとは思いますが…)アクリル製である
  こともあるかも分かりません。
  耐久テスト結果が明記されているか、必ずチェックしましょう。

4)リングの形状は適度な太さの○型がお勧め
  最近、金物店などで「スリング向け」と紹介されている金属リングで、
  △タイプや、Dリング、極太のものなども検索でHITすることがあります。
  リング状であればなんでも良いことはありません。
  △タイプやDリングでは、生地が均等にリングに広がらず、
  リングそのものが回転すると扱いにくいことがあります。
  また、太く重いタイプの金属リングは、その重量が肩こりの原因
  にもなります。
  絶対にダメ、というわけではありませんが、避けた方が無難です。

written by いずみ (2006年4月 4日 17:53) | トラックバック(0)

トラックバック(0)



ブログのポリシーをご覧いただき、ご理解いただけましたらどうぞ!

このページのトップへ