選び方

:スリングを便利に使いこなすには、まず「選び方」から

トップページ選び方>ベビースリングとは?

ベビースリングとは?

ベビースリングとは、新生児から大体2〜3歳ぐらいのお子さん(14kg程度)まで抱っこすることができる布状の抱っこ紐です。
私たちユーザーの間では、簡単に「スリング」と呼んでいます。
輪になった布を片方の肩に斜め掛けにし、ポーチと呼ばれる袋上の部分に赤ちゃんを抱き入れて使用します。

一口にスリングと言っても、リングを利用して密着感を調整するものや、リングのない簡易的なものまで形は様々ありますが、基本的には布一枚で背当て等の部品のないシンプルなものを指します。

日本では、「シアーズ博士夫妻のベビーブック(※)」の発売以来注目を集め始め、今では各種様々なタイプを取り扱うインターネットSHOPや、手作り愛好家も増えてきました。

従来の抱っこ紐・おんぶ紐と違う点は、主に次のようなものが挙げられます。

  • 生まれてすぐの新生児期から2〜3歳の幼児期まで使用することができる
  • たった一枚で抱っこ・おんぶなどのバリエーションが豊富
    (その点、慣れるまでに少々時間が掛かりますが)
  • 抱いたままの授乳が可能で、尚且つ周囲に気付かれにくい(授乳室要らず)
  • 肩や腰への負担を和らげる構造に加え、装着が至ってシンプル
  • 抱いたり降ろしたり…といった作業が、非常に簡単なので外出に便利

また、赤ちゃん自身も体をすっぽり包まれ、大人の体に密着することで温もりと安心感を得ることができますし、自然と親子間のコミュニケーションも取りやすく、お母さん自身も子育てが楽になり自信がつくことでしょう。

これからご出産を控えられているプレママには勿論、今現在育児に奮闘中のお母さんにも是非お勧めしたいアイテムです。 まずは一度、使用感を味わってみてください。

このページのトップへ

※ 「シアーズ博士夫妻のベビーブック」
シアーズ博士夫妻のベビーブック ウィリアム・シアーズ / マーサ・シアーズ 共著
主婦の友社 3,400円(税別)
小児科医と看護婦である著者のシアーズご夫妻には、なんと8人のお子さんが!(一番下のお子さんは養子デス)
科学的根拠と豊富なデータに加え、その自らの子育て経験などを元に、とても説得力のある情報を提供してくれます。
今までにない、実に「痒いところに手が届く!」イチオシの育児書です。
ベビースリングについては、アタッチメントペアレンティングに欠かせないベビーキャリーとして、そのもたらす効果や図解で抱き方のバリエーションなども紹介されています。
シアーズ博士夫妻シリーズ
シアーズ博士夫妻の
マタニティブック
シアーズ博士夫妻の
チャイルドブック
―3〜7才児のための理想の子育て法
ママになったあなたへの25章―シアーズ博士夫妻が贈る子育ての素敵なヒント
シアーズ博士夫妻のマタニティブック シアーズ博士夫妻のチャイルドブック―3~7才児のための理想の子育て法 ママになったあなたへの25章―シアーズ博士夫妻が贈る子育ての素敵なヒント

このページのトップへ

選び方 メニュー

ベビースリングとは?
各部位の呼び方
形状と特徴
スリングの種類綿の使用による違い
目的別の選び方
良質なスリングの選び方
手作りスリングについて